診療案内
男性不妊症・男性学(アンドロロジー)

男性不妊症・男性学(アンドロロジー)

男性不妊症、無精子症、乏精子症・精子無力症、精索静脈瘤、男性更年期障害、EDについてご説明します。

男性不妊症  無精子症  乏精子症・精子無力症  精索静脈瘤 

男性更年期障害  ED(勃起不全) 



男性不妊症

避妊を行っていないにもかかわらず、何らかの原因で子供が生まれない方を不妊症といいます。通常のカップルのうち約15%は不妊症といわれ、そのうち半分は男性側に原因があるとされています。当科では、以前より男性不妊症の治療を積極的におこなっています。特に無精子症や精索静脈瘤の治療については国内でも有数な治療施設となっています。



無精子症

精液中に精子が全く見られない状態を無精子症といいます。正常男子の約1%が無精子症であるという研究もあり、決して珍しいことではありません。この状態ではもちろん自然妊娠は不可能です。無精子症には、精子の輸送に問題のある閉塞性無精子症と精子を輸送する経路に問題のない非閉塞性無精子症があります。

閉塞性無精子症の場合には、薬物治療や手術的に精子の輸送路を開通させる手術を行うことにより、精子を得られる可能性があります。

一方、非閉塞性無精子症の場合には精巣に何らかの問題があるために精子の形成がうまく行われていないことが原因となっています。原因としては染色体に異常のない特発性のものやクラインフェルター症候群などのような染色体に異常がある場合があります。このような人はこれまでは、精子が射出されないため、子供を得ることは不可能とされ、非配偶者間精子提供(AID)が行われてきました。しかし、近年、このような非閉塞性無精子症の方でも精巣の一部ではごくわずかですが精子を作っていることがあり、精巣のなかをくまなく探すことにより精子を発見、採取できることがわかってきました。これらのことより当科では2000年より顕微鏡をもちいて精巣の中をくまなく検索し、精子を採取する方法、顕微鏡下精巣内精子採取術(Microdissection TESE)を行っています。これまで200例以上の方にこの手術を行い約45%の方で精子を採取することに成功しています。また、以前に他院で顕微鏡を使用しない精巣内精子採取術(Sinple or Conventional TESE)をすでに行われている方であってもほぼ同じく約45%の確率で精子採取に成功しています。無精子症であるからといってお子さんをあきらめなくても良い可能性があるのです。



乏精子症・精子無力症

精子の数が少ないひとや精子の運動性が悪いかたのことをいいます。通常は精液1mlあたり2000万以下の精子数の方をいいます。下記の精索静脈瘤がある場合には、まず精索静脈瘤の治療をおこないますがそれと並行して、このような方に対してはビタミン剤や漢方など薬物治療を行い精子数の改善を試みます。ホルモン値に以上がある場合はホルモン療法をおこなうこともあります。患者さんの状態に応じてその後の治療法が選択されますが、できるだけ自然に近い形での妊娠を目指すようにしています。しかし女性側の年齢なども考慮し、適切な時期をみはからって人工授精や体外受精などの補助生殖技術の応用もおこなっています。



精索静脈瘤

精索静脈瘤は、精巣周辺の静脈の流れが悪くなることにより精巣の温度が上昇し、精巣の状態が悪化し男性不妊となる病態です。

治療は基本的には外科的に精巣周辺の静脈の流れを改善することになります。当科では、患者さんの希望にあわせ、精索静脈を結紮する手術療法(低位結紮術、高位結紮術)、腹腔鏡下手術や放射線科との協力でより低侵襲で入院期間の短い経皮的塞栓術なども積極的おこない良好な治療成績をおさめています。



男性更年期障害

男性更年期障害(PADAM : partial androgen deficiency in aging male)は、"加齢に伴う血中男性ホルモンの低下に基づく生化学的な症候群"と定義されています。症状としてはうつをはじめとする精神・心理症状と関節・筋肉関連症状、発汗、ほてり、骨粗鬆症などの身体的症状および性欲の低下、勃起障害などの性機能関連症状等があります。これらの症状が複合的に出現します。当科では、様々な質問票を用いて症状の把握を行い、血液中の男性ホルモンと数種類の関連ホルモン値を測定します。ホルモン値が低い場合にはホルモン値の補正をおこないます。また、ホルモン値に異常がない場合でも漢方薬や抗うつ剤などの副作用の少ない薬から投薬治療をおこなっています。通常ホルモン療法に関しては6ヶ月をめどに治療をおこなっていますが、継続する場合もあります。



ED(勃起不全)

ED(勃起不全)は、精神的または身体的原因によって勃起が不十分であるため通常の性生活が完遂できない状態をいいます。当科では、専門外来を設けており問診、血液検査などによる診断の後、薬物(バイアグラ・レビトラ)による治療を中心に総合的なED治療をおこなっています。また、遠方や平日忙しい方については、当科において十分な診断をおこなった後、大阪市内の関連施設の紹介等もおこなっております。